宇宙を旅する音楽家 泉優

✨感謝の動画シリーズを始めました。僕の活動方針あるいは雰囲気が伝わればと思い、ここに載せます😌

https://youtu.be/W7-W0F1eJl8

 
 

泉優のホームページ

カウンセラー
画家
チェロ奏者
/

泉優のホームページ<br />
<br />
カウンセラー<br />
画家<br />
チェロ奏者<br />

日本には昔から見えない恩恵に感謝する価値観があります。今でも多くの人が気軽に神社参りをしたり、ご先祖様に手を合わせたり、私たちの心と見えない世界の繋がりは残っています。

 

そして現代では、スピリチュアル的なものを現実的に役立てようと、地に足がついた範囲や方法で真剣に探求する人もいれば、怪しいと言われる宗教的団体や高額霊能ビジネスもあります。

 

何が本当で何が誤りか?情報に溢れる現代日本では、何を受け入れて、何を受け入れないか?を個人が責任をもって判断することと、何を主張するにしても人を傷つけない配慮が大切だと思います。

 

さて「見えないけれど存在しているもの」の代表は、私たちの「心」です。心理学や脳科学の研究を総動員しても、まだまだ解明されていません。

 

そこには「人間の意識とは何なのか」「命とは何なのか」「死後どうなるのか」「人生とは何なのか」といった根本的な謎があり、これは誰もが生きていれば自然に考えることです。

 

元々、スピリチュアルという言葉の語源には「呼吸」という意味が含まれており、「人として自然に生きて死ぬ = 限られた人生を現実的かつ心豊かに生きる」ための方法を探求する意味があります。

 

そうした「生き方探求」の伝統として、道徳的な生き方、人として成長する生き方、人を助ける生き方など、人生の教科書たる知恵が多く存在しています。

 

それら世界の伝統的な修身哲学やスピリチュアル思想史から学び、 「心を磨いて実践する、優しくて強い生き方」を探求していきたいと思います。

 

また、人の心と深く繋がっている芸術の分野においても、主に音楽家や画家として活動しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PROFILE/

プロフィール

PROFILE

泉優(いずみゆう)

↑ハンドルネームです。

 

カンボジアでの海外ボランティア経験をきっかけに、世界中を一人旅しながら様々な価値観の人々と語り合い、自分なりに視野を広げてきました。3年間ほどブルガリアに住みオペラ劇場のチェロ奏者として勤める経験も頂きました。
 
 
世界で多くの人の笑顔や命と向き合った僕が、日本に帰国して最初に目についたのは、地下鉄に揺られる人々の顔が疲れていることでした。そんな日本という地で自分にできることは何か。
 
 
それを突き詰めると、結局は今日、縁ある誰かを励まし癒すことだと思います。そのために心を磨く生き方を学び、心を動かす芸術を探求していきます。
 

 

 

 

 

☆経歴(カウンセラーとして)

 

○タカテルメソッドプロフェショナルカウンセラー養成コース修了。以下URLはタカテル氏のブログです。先生へ、深い学びの機会を頂き、感謝申し上げます。

https://ameblo.jp/spiritual-b-boy/

 

○メンタル心理ヘルスカウンセラー資格

○メンタル心理インストラクター資格

(日本インストラクター協会)

 

○音楽療法インストラクター資格

○メンタル心理ミュージックアドバイザー資格

(日本アロマメディカル心理セラピー協会)

 

古今東西の名著や論文からスピリチュアルや哲学、心理学の知識を学んでおります。特に論語や易経などの中国思想が専門です。

 

また霊感に関しては、複数の霊能者様の門を叩き、実際的な霊感開発や実践について「深く、広く、偏らず」を大切に学ばせて頂きました。

 

今、このように情報を発信させて頂いているのも、関連書籍および恩師より頂いた貴重な学びのおかげです。心より感謝いたします。

 

 

 

☆経歴(画家として)

 

○タカテルメソッドプロフェショナル自動書記アーティスト養成コース修了。

 

○パステル和アート正インストラクター資格。

(日本パステルホープアート協会)

 

2020年10月 ダヴィンチとの時を超えたコラボ展参加。(フランス,クロリュセ城)

 

2021年 5月 震災がテーマの特別展「紡ぐ者たち」参加。(仙台)

 

 

 

☆経歴(音楽家として)

 

外務省国際平和事業「戦後70周年日サハリン青年音楽家交流」参加。

 

北海道教育大学音楽コース卒業。

(Friederike Kienle氏のもとでチェロを専攻)

 

2017年 スタラザゴラ歌劇場オーケストラ入団。

(ブルガリア)

 

2020年 帰国、自由に生きる。

 

これまでに、オーケストラとのソロ共演多数。またヨーロッパ各地のマスタークラスにて、石坂団十郎, Antonio Meneses, David Geringas, Miklos Perenyiなどの各氏に学ぶ。

 

現在、札幌にて主にエキストラとして自由にのんびり演奏活動中。

 

 

PAGE TOP