宇宙を旅する音楽家 高橋勇輝

世界の旅ギャラリー

LINEで送る
Pocket

世界を旅しました

 

私にとって、はライフワークの1つです。

 

ブルガリアとヨーロッパ各国を結ぶ格安直行便があることを活かし、日常的に一人旅に出ていました😊

 

(海外のそれもブルガリア、日本の生活に慣れていると不便を感じやすい日常ですが、海外旅行にふらっと行ける所はメリットですね。)

 

一人で何をするかと言うと、教会や自然などのパワースポットをひたすら巡り、のんびりと時間を過ごしています。

 

その場所の空気感やエネルギーをじっくり呼吸して味わうと、心身共に満たされます。とても心地良いですね☺️

 

そうした心地良さをじっくりのんびり味わうというのが、パワースポットの楽しみ方だと思っています。

 

ここには○○という神様がいる。など知識を学びつつ、

 

それがどんなエネルギーなのか?

どんな体感があるのか?

 

ゆっくり味わい自分自身で体験すればこそ、その奥行や凄まじさがわかりますね。

 

そして自動書記的衝動がノッてきた時は、土地のエネルギーや記憶、因縁などを描き出し、地鎮めし、癒します。

 

そこに遠く昔の先祖のルーツがあったり、過去世において自分が生きていた場所であったりする場合もあるので、そんな時もやはり自動書記でその情報を描き癒します。

 

具体的な何代前の出来事なのか?

どんな出来事があったのか?

 

色々な情報が浮かび上がってくるので、いつも面白いなと思います。

 

綺麗なエネルギーや神気に触れ、心身をリラックスさせ緩めていくと、自然と霊的感覚も鋭く高まっていきます。

 

そうすると奇跡的な体験をする事もあります。

 

例えば、その土地の守護者などの存在が現れてきたり、語りかけてきたりします。

 

自動書記で表現した、

 

↓地元札幌、琴似神社のエネルギー

 

↓エジプト、ピラミッド

 

↓フランス、モンサンミッシェル

 
 
 
↓ポルトガル、リスボン
 
 
↓和歌山、高野山,丹生都比売神社,龍神温泉

 

パワースポットでの不思議体験

 

ローマ市内を何時間も歩きクタクタになった私は、偶然見つけた小さな教会で一人休んでいました。観光地から離れていたので、人は全然いませんでした。

 

すると突然、

 

「良く来たね。ゆっくり休んでいってね。」

 

優しいおじさんの声が耳元で、日本語で聴こえます。

 

同時に私の額にそのおじさんが指を一本当てました。それは現実に触れられているのと全く変わらないほどハッキリとした感覚で、私の今のところ得意とは言えない触覚の霊感を実感できた体験の1つです。

 

するとその指から強烈な癒しが入ってきました。物凄いエネルギーが瞬く間に全身を駆け巡り、全細胞が最高潮に活性化するかのような体感が続きます。時間の感覚も緩んでいるので、どれくらいの時間が経ったのかよくわかりません。

 

最後にそのおじさんの優しい微笑みが一瞬見え、消えました。

 

驚く事に、あれだけ疲れ果てていた肉体の身体が完璧に復活していました。全身が軽く絶好調なのです。温泉入浴後にリラクゼーションマッサージを受けているかのような、天国にいるようなあの感じです笑

 

本当に有り難い、私にとっては神の奇跡を実体験できた出来事でした。

 

このような旅の性質上、一人旅になる事が多いのですが、もちろん主要な観光スポットも普通に行って楽しみますし、旅先のグルメを色々と試すのも大好きです☺️

 

読んで頂きありがとうございます!

高橋勇輝

 

 

☆おまけ

 

私がこれまでに訪問した国の写真を一国一枚、計10カ国を厳選して、紹介します!

 

↓🇬🇷ギリシャ、サントリーニ島

 
 
↓🇫🇷フランス、パリ
 
 
↓🇲🇳モンゴル、ゲル
 
 
↓🇮🇹イタリア、ヴェネツィア
 
 
↓🇨🇭スイス、サンモリッツ郊外の村
 
 
↓🇹🇷トルコ、イスタンブール
 
 
↓🇮🇱イスラエル、エルサレム旧市街
 
 
↓🇷🇺ロシア、モスクワ
 
 
↓🇪🇬エジプト、ギザのピラミッド
 
 
↓🇰🇭カンボジア、アンコールワット

 

この記事を書いた人

高橋勇輝

自動書記アーティスト、サイキックカウンセラー、プロのチェロ奏者として活動しております。超能力や精神世界との新しい向き合い方を探求し、それらを現実に活かせる芸術的エッセンスとして表現することで、今を生きる人々が互いに個性を楽しみ合えるような「彩」の世界を創りたいです。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

あなたの守護霊やオーラの彩を拝見し自動書記で描きます。

商品一覧はこちら 商品一覧はこちら arrow_right
PAGE TOP