宇宙を旅する音楽家 高橋勇輝

ヨーロッパのプロオケチェロ奏者になった道9

LINEで送る
Pocket

音楽に身を捧げ過ぎ、天狗化する

 

 

前回、初日から友人作りに失敗した私は、

高校生活全ての時間を、チェロの猛特訓に費やすことになります。

 

 

毎日、朝と放課後は音楽室で過ごし、

先生に「もう帰りなさい。」と言われるギリギリまで残って猛練習していました。

 

チェロを弾くのは心から楽しかったので、練習が終わるのが名残惜しいくらいです。

 

クラスでの人付き合い。

音楽以外の授業。

学校祭などの行事。

 

全てを捨てた私の高校生活は特に変わったこともなく、

しょっちゅう授業をサボっては、音楽室に隠れる始末です。

 

もう本当にどうしようもない😅

 

みんなに「どうしようもない音楽バカ」と認識されるのも自明の理です。

 

私は誰にも話しかけません。

 

もちろん誰かに話しかけられる事もなく、

私のヒソヒソ話だけは聞こえました。

 

 

耳だけは良かったので笑

 

 

 

 

私は私で「クラスの人たちの話し声を全部同時に聴き取り、エネルギーや色、風景などをイメージする」サウンドスケープ的な遊びを始めました。

 

奇しくもこれは、プロオーケストラでのアンサンブル能力「他の楽器の音を聴いて、的確に合わせる能力」を私に育てました。

 

 

 

こうして日に日にホームルームにいるのが苦しくなり、音楽室に逃げる日々。

 

毎回のテストはもちろん全部赤点。

 

努めて客観的に見ても、

本当にただのアホでしかありません笑

 

しかし当時の私は「(自称)孤高のチェリスト」であり、みんなとは違う自分に酔っていました。

 

ところで皆さんは、「天狗」を目撃したことはありますか?

 

大きな鼻ですよね。

 

「鼻」のシンボルはある葛藤を表します。

 

「我の強さ」です。

 

 

 

 

完全なる天狗と化した私は、

ピノキオの鼻なんて目じゃありません。

 

150%の我を爆発させ、

 

人と全く違うことをカッコいいと思い込み、

ひたすら我が道を歩みます。

 

オーケストラの合奏ではここぞと言わんばかりに、抑圧された父性を爆発させました。

 

「みんな、俺について来い!俺が完璧だ!」

 

心の中ではそう思っていました。

 

 

まるで亭主関白です←

 

 

*亭主関白(ていしゅかんぱく)とは…

亭主が関白のように家庭で威張る様子です。

 

 

「我の強さ」とは裏を返すと

「自信の無さ」です。

 

そう、コミュ障な私は、

根本的に自分に自信が無かったんです。

 

鏡で自分の顔を見るのも嫌いでした。

 

ネクラでダメダメでズルい自分を知っていました。だから嫌いでした。

 

「自分は特別なんだ!」

「チェロもピアノも弾けてすごい!」

「勉強はくだらないし自分には不要!」

 

そうして必死に何かにすがりつき、

気づけば天狗化していたわけです。

 

 

それでも良かった事が1つあります。

 

 

人としてどんなにねじ曲がっても、

チェロだけは上達したんです。

 

それが無ければ、現在オーケストラの仕事に就くことはできなかったでしょう。

 

それに私は、心の中のねじ曲がった思考を表に出さなかったので、そんなにひねくれ者だとは思われてなかったはずです。←たぶん

 

私の高校時代は、正直オーケストラ部以外には何も思い出がありません。

 

学校祭もほとんどサボっていましたし、クラスに友達はゼロでしたが、オーケストラ部の人には少しずつ心を開くこともできました。

 

一瞬だけ恋愛もしました。

 

当時の私はあまりに幼く、後輩であってもしっかり者だった彼女には迷惑かけました。

 

私の父性は暴走するだけで、優しく頼れる男性性は発揮できずに女々しさが露呈。。

 

しかしオーケストラ部での3年間は、本当に楽しかったです。

 

引退前日に大泣きするくらい、

大切な時間を過ごさせて頂きました。

 

結局これが私なりの高校生活だったんです。

今に続く、大切な人生の道のりでした。

 

 

(久しぶりに詩の自動書記です)

 

次回、進路選択に焦った私は、あまりにも血迷った行動で周囲を仰天させます。

 

サイキックでスピリチュアルで現実的なカウンセラー

自動書記ヒーリングアート画家

元ヨーロッパのプロオーケストラチェロ奏者

高橋勇輝

この記事を書いた人

高橋勇輝

自動書記アーティスト、サイキックカウンセラー、プロのチェロ奏者として活動しております。超能力や精神世界との新しい向き合い方を探求し、それらを現実に活かせる芸術的エッセンスとして表現することで、今を生きる人々が互いに個性を楽しみ合えるような「彩」の世界を創りたいです。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

あなたの守護霊やオーラの彩を拝見し自動書記で描きます。

商品一覧はこちら 商品一覧はこちら arrow_right
PAGE TOP