宇宙を旅する音楽家 高橋勇輝

ヨーロッパのプロオケチェロ奏者になった道14

LINEで送る
Pocket

初海外はなぜかブルガリア!?

 

 

私が大学4年間お世話になったチェロの先生は、ドイツからいらした女性の方でした。

 

こんなことを言っては失礼かもしれませんが、高校生の私にとっては「ヨーロッパ出身のチェリストの先生」にカッコよさと不思議な魅力を感じていました。

 

やはりクラシック音楽の本場はヨーロッパです。偉大な作曲家がたくさんいますね。

 

 

ベートーヴェン(知名度☆☆☆☆☆☆☆☆☆)

 

バッハ(知名度☆☆☆☆☆☆☆☆☆)

 

ブラームス(知名度☆☆☆☆)

 

みんな「B」から始まるお名前ですね笑

どうでもいいですが他にもBはいます。

 

ベルリオーズ(知名度☆☆☆)

 

ブリテン(知名度☆)

 

ブルグミュラー(知名度☆☆☆☆☆)

 

弁財天(知名度☆☆☆☆☆☆)

 
 
ちなみに弁財天は作曲家ではありませんが、音楽や絵画などを筆頭とする「芸事」を極めることをサポートする水の神です。
 
 
「他人を癒して幸せにする」つまり現実的にお金に変換できるレベルまでしっかり掘り下げる。
 
 
これは音楽家や芸術家だけではなく「どんなお仕事であっても」大切なスタンスです。
 

これからの時代、創造的な生き方も重要になりますね。その視点が自分の宇宙を広げ、最高の人生を感じるきっかけになると思います。

 

話はそれましたが、「日本の外からの先生」のもとで実際に学ぶことになり、日本人とは明らかに異なる価値観に私は面食らいました。

 

 

 

「ハッキリとした物言い」

に驚いたのももちろんですが、

 

先生「私のことを友達だと思って、何かあったらいつでも何でも、言ってくださ〜い☺️」

 

先生とは思えないフレンドリーさに楽しさを覚えてしまいました。

 

そして何より、

自由を尊重してくださりました。

 

 

「私がどうしたいか?」

 

私が先生とは違う演奏の仕方を望んでも、その方向性でのアドバイスをくださります。

 

「クラシック音楽は伝統がお堅い」

そのイメージは崩れ去ります。

 

これは今の私の「好きに自分の音楽を楽しむ」スタンスを作りました。

 

そして何より驚いた先生の価値観とは、

ワールドワイド過ぎる!

 

先生はいつもおっしゃっていました。

 

「あなたにとって日本は狭すぎます。」

「ぜひヨーロッパに来てください。たくさんの道が開いていますよ。」

 

 

 

私「海外??なんかよくわからない。英語とかできないし、無理よなぁ。別世界過ぎるし😅」

 

本音ではこのように思い、あまり本気にしてはいませんでした。

 

いくら先生がワールドワイドであっても、私は日本で生まれ育った生粋の日本人。

 

いえ、北海道のてっぺん稚内で育った田舎もんの変な誇りを持っているくらいです。

 

もちろん日本語(北海道弁)しか話せません←

 

 
↑地方にもよりますが、稚内では全部使います
 

しかし先生は本気でした。

 

大学1年ももうすぐ終わる3月。私の人生を変えた数々の転機の1つが訪れます。

 

先生はある日突然告げました。

 

先生「春休みに私の故郷ドイツと、あとブルガリアに来ませんか??」

 

私「えっ、ブルガリアヨーグルトのブルガリアですか???😳」

 

先生「はい。私は3月にブルガリアでコンサートをすることになったので、ぜひ一緒に来てください。そしてドイツの実家にも帰るで遊びに来てください!あなたは日本の外を見る必要があると思います!」

 

私「ええっとその、、、なんというか、、、突然ですね😅…..(なんでブルガリアなんだろう?)」

 

先生「まずご両親とよく話して、自由に決めてください。」

 

 

 

私は悩みましたが、結局「一歩世界に踏み出してみる」決断をしました。

 

ワガママ言って音楽を続けた私ですが、いつもサポートしてくれた両親や先生には感謝しかありません。

 

しかし1つ大きな懸念がありました。

 

「自分みたいな下手くそが、海外のコンサートで弾いていいものだろうか?」

 

当然の疑問です。正直無理じゃん?←🙂

 

悩みに悩んだ私は、この大きな懸念を素直に先生に打ち明けました。フレンドリーな先生ですので。すると、、、

 

あなたには誰よりも強い意志と情熱があります。

あなたの本当に素晴らしい所と思ってます。

ですのでもっと世界を見てください。

あなたがこのまま努力を続ければ、プロフェッショナルになれる可能性があります。

自信持って、高い目標を持ってください。

 

そうおっしゃられました。

 

私という存在の価値。

それを初めて認められた気がしました。

自分自身ですら、自分を貶めていたのに。

 

私は先生の言葉に救われました。

 

先生は気休めを言うような方ではありません。

 

とても真っ直ぐに生きている方です。

 

日本人とはまた違った感じの素直さがあります。

 

だからこそ先生の言葉には、先生自身の生き方や信念から来る力がこもっていました。

 

私の人生を大きく変えてくださった、本当の恩師です。

 

その日以来、私は先生に弱さを見せるようになりました。血の滲むような努力をしているのに全然報われる感じがしない。どうしようもなく苦しくなった時、先生には素直に弱音を吐いて甘えてしまいました。。。

 

私が私自身の可能性を諦めそうになっても、いつも先生だけは絶対に信じてくださいました。

 

だからこそ私は先生を心から信頼し、海外に出る決意を固めていきます。

 

 

次回、こうしてブルガリアでの演奏会に向けて一層練習に打ち込む日々を超えた私は、ついにブルガリアの地をチェロと共に踏みます!

 

 

サイキックでスピリチュアルで現実的なカウンセラー

自動書記ヒーリングアート画家

元ヨーロッパのプロオーケストラチェロ奏者

高橋勇輝

この記事を書いた人

高橋勇輝

自動書記アーティスト、サイキックカウンセラー、プロのチェロ奏者として活動しております。超能力や精神世界との新しい向き合い方を探求し、それらを現実に活かせる芸術的エッセンスとして表現することで、今を生きる人々が互いに個性を楽しみ合えるような「彩」の世界を創りたいです。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

あなたの守護霊やオーラの彩を拝見し自動書記で描きます。

商品一覧はこちら 商品一覧はこちら arrow_right
PAGE TOP