宇宙を旅する音楽家 高橋勇輝

ヨーロッパのプロオケチェロ奏者になった道17

LINEで送る
Pocket

夢の舞台へ

 

 

前回、ドキドキのリハーサルを迎えた私ですが、ブルガリア人たちの温かさに絆され、楽しく演奏する感覚をつかみ直しました。

 

こちらブルガリアのオーケストラにおいては、1つのコンサートプログラムをたった3日間で準備して演奏することが多いです。

 

1日目、リハーサル(約2〜4時間)

2日目、通しリハーサル(ただ通すだけ)

3日目、本番

 

という感じです。日本では考えられないスピードかもしれません笑

 

今の私の普段の仕事もこのようなパターンは多く、様々なプログラムを次々やっています。

 

オペラの演奏時間は3時間くらいあったりして、一晩に演奏する楽譜は100ページあっても普通です。

 

最初は大変ですがその当たり前に慣れてくると、なんか楽しくなってきます。←頭がおかしくなったのかもわかりませんが。

 

私のブルガリアでの初コンサートも例にもれず、たった2回のリハーサルを終え、あっという間に迎える3日目はもう本番です。

 

2日間のリハーサルで「ブルガリア人は怖くない」と理解した私はある程度リラックスしましたが、

 

やはり本番の日は、

朝からずっと落ち着きません。

 

ソワソワ

ソワソワ

ソワソワ

 

 

あぁぁぁぁ

緊張するよー

誰か助けてー😫

 

叫び出したい気分です。

 

もちろん、誰も助けてくれません。

ソワソワと歩き回りたい所ですが、

ここはもう舞台裏。

 

外側だけは落ち着いた姿を見せておきます。

 

頻繁に手汗を拭っているのはご愛嬌←

 

深呼吸以外に為すことはなく、、、

ただその時を待ちます。

 

 

 

そして私は舞台へ歩き出します。

 

パートナーのチェロと共に。

 

指揮者がいます。

 

オーケストラがいます。

 

お客さんも見えます。

 

拍手が起きます。

 

私はイスに座ります。

 

 

そして静寂が訪れます。

 

 

ある人は言いました。

 

「無音」こそが「音楽」だと。

 

 

人々が静寂に息を飲んだ時、

 

私の音楽は始まります。

 

 

 

 

高校1年でチェロと出会いました。

 

 

それからの日々というもの、

 

 

音楽に首ったけ。

 

 

色んなものを捨てました。

 

 

音楽さえあれば良かったです。

 

 

その悪魔的魅力に取り憑かれ、

 

 

初めて、好きを知りました。

 

 

好きは次第に膨れ上がり、

 

 

ついには抗えなくなりました。

 

 

音楽の道に踏み込んで間もなく、

 

 

自分の無鉄砲さを呪いました。

 

 

音楽の世界の厳しさを知り、

 

 

劣等感にさいなまれ、

 

 

誰にも言えない葛藤は、

 

 

孤独への道を整え、

 

 

私を修羅へと変えました。

 

 

いつしか音楽の楽しさを忘れ、

 

 

忘れたことにさえ気付かず、

 

 

ただただ、走り続けました。

 

 

そして今、夢の舞台に立っています。

 

 

それを叶えている実感は微塵もなく、

 

 

そこにはただ、音楽があって、

 

 

世界を知ったばかりの子どものように、

 

 

夢中に手を伸ばすだけ。

 

 

いつの間にか暗闇に包まれていた視界に、

 

 

ほんの少しだけ光が射したような。。。

 

 

 

私は拍手に包まれていました。

 

 

 

初めて、お客さんをしっかり見ました。

 

笑顔がたくさんあります。

 

キラキラした目の子たちもいます。

 

彼らは私にサインを求めます。ちょっとだけ顔を出すスター気分に困惑していると、

 

孫に向けるような柔らかな表情で私を見る、お婆ちゃんたちも見えます。

 

その時、私は理解しました。

 

「音楽って人を癒せるもんなんだな。」

 

これは現在の私が決めている人生の使い方、

 

 

創造と癒しをひとつにする

 

 

確固たる信念の種を蒔いた経験となり、

 

こうして私のブルガリア滞在は無事に終わりました。

 

大切なものを胸に植えつけて。

 

4年後にブルガリアで職を得ることになるとは、この時は夢にも思っていませんでした。

 

次回に続きます!

 



サイキックでスピリチュアルで現実的なカウンセラー

自動書記ヒーリングアート画家

元ヨーロッパのプロオーケストラチェロ奏者

高橋勇輝

この記事を書いた人

高橋勇輝

自動書記アーティスト、サイキックカウンセラー、プロのチェロ奏者として活動しております。超能力や精神世界との新しい向き合い方を探求し、それらを現実に活かせる芸術的エッセンスとして表現することで、今を生きる人々が互いに個性を楽しみ合えるような「彩」の世界を創りたいです。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

あなたの守護霊やオーラの彩を拝見し自動書記で描きます。

商品一覧はこちら 商品一覧はこちら arrow_right
PAGE TOP