宇宙を旅する音楽家 高橋勇輝

宇宙人、未来人とは?

LINEで送る
Pocket

宇宙人、未来人とは?

 

まず、私にとっての宇宙人とは、

先祖など過去のチャンネルと同じくらい身近な存在です。宇宙人は未来人です。

 

それだけのことであり、霊のチャンネルも、神様のチャンネルも、宇宙人のチャンネルも、

正しく整えた霊感であれば、全て捉えることが可能です。

 

宇宙人とは、私たちの宇宙とは別の宇宙から来る存在です。

 

彼らは既に彼らの星の問題を全て解決し、世界平和を迎えた上で、宇宙に進出しています。

 

そういう意味では私たちの先輩とも言えるかもしれません。

 

お互いに責め合い、ケンカし、戦争する。

そうした葛藤を乗り越えた末、争いのない世界に生きているのです。

 

霊たちを過去人だとすると、

宇宙人は未来人です。

 

どちらも霊感(サイキックセンス)で捉えられるチャンネルです。

 

先祖たち、宇宙人たち、

両方のチャンネルと仲良くしていくことにより、相互にどちらに深まっていきます。

 

過去と未来、

両方のバランスをよく深めることが、

サイキックセンスを伸ばすコツでもあります。

 

そんな宇宙人はとてもとてもとても優しいので、

本当は怖れる必要はありません。

 

地球を侵略しようなどとは考えていません。

 

彼らは怖れられるよりは、

バカにされた方がマシだ。

と思っているそうです。

 

 

人間は恐怖を抱く

 

しかし、人間には未知のものに対して恐怖を抱く性質があります。

 

これは宇宙人に対してだけでなく、

人と人との関係であってもそうですね。

 

相手の事がわからないから怖くなり、

そしてそのわからないを放置すると、

 

それは怒りに変わります。

 

途端に相手を責めたくなったり、攻撃してしまうのです。

 

そうなってしまうと、宇宙人よりも人間の方がよっぽど残酷で恐ろしいことをしてしまいます。

 

このように人間は未知に対する恐怖を潜在的に持っていますので、

 

宇宙人たちはそんな私たちの恐怖の想念にとても敏感です。

 

物凄く気を使い、

慎重に慎重にコンタクトするようです。

 

コンタクト対象者の意識状態

コンタクトを行う場所

コンタクトのタイミング

3つ全てが整わなければダメです。

 

宇宙人を受け入れられない人の前に急に現れたとしても、当然ながらその人は気が狂ってしまうのです。

 

私も初めて宇宙人とのコンタクトを経験した時は、なぜか恐怖が意識の前面に出てきてしまい、目を開けられませんでした。

 

その為、来てくれた宇宙人の声しか聴く事ができませんでした。

 

とはいえ彼の姿は頭に流れ込んでくるので、見ていると言えば見ていたのですが…

 

それでも彼は怖がる私に気を遣い、わざと優しく楽な口調を作って話しかけてくれました。

 

結局何を言いたいかというと、

宇宙人やっぱりは優しいですよ。

という事です。

 

暴走する陰謀論を聞くと、少し悲しくなります。

 

それに、

本物のUFOは強い癒しを放っています。

物凄くヒーリングされます。

 

ある時、具合が激烈に悪く外のベンチで横になっていたら、UFOが現れた事があります。

 

UFOは一瞬で現れ消えましたが、

歩けない程に辛かった身体がすっかり楽になっていました。

 

ちなみにこの時現れた宇宙人は、ピコイというタイプで、ヒーリングのプロです。グレイタイプのような見た目です。

 

↓先日訪れた川越の喜多院にある苦ぬき地蔵ですが、やけにヒーリングパワーが強かったので、苦ぬき地蔵のルーツを捉えたところ、やはりピコイと関係があると判明しました。

 

 
 
ピコイのUFOを描いた自動書記です。実際に私が目撃したのもこんな感じのUFOで、わりと低空(雲よりも低い位置)に現れました。
 
 

またあるヒューマノイドタイプの宇宙人には、家で背中に電極のような物を当てられ、強烈な癒しを身体中に送り込まれた事があります。(全く痛くありません)

 

心身が激しく癒され少し驚きましたが、とてもリラックスしました。

 

この「エル」と呼ばれるヒューマノイドタイプの宇宙人は、私たち人間の子孫です。

 

私たちと変わらず人間の姿です。

恐がるべき対象ではなく、未来人ですね。

 

あえて言ってしまうと、

UFOに誘拐されて…

などという宇宙人の陰謀論的な話は、あまり本質的ではないかな、と私は思っています。

 

彼らは私たちに対し、今の地球に干渉しても良い範囲でヒーリング、調整してくれています。

 

これは本当にありがたいなと思っています。

さらにそれを見えない所でやってくれています。

そこが彼らのカッコいい所です。

 

「エル」つまりヒューマノイドタイプの宇宙人が、平和な未来から来る地球人であるように、

(未来における彼らは水星,金星,土星など、他の惑星にも住んでいます)

 

私たちにはいつか世界中の争い、つまり心の問題を全て解決し、宇宙に進出する未来があります。

 

心を整理し念力を使いこなす。それを科学と融合して研究することで、時空を超えられます。

 

そうした未来の可能性を掴む為、

まずは1人1人が、

些細な日常の中で人を責める心を

自分の中で荒ぶる八岐大蛇(ヤマタノオロチ)と向き合い、切ること。

 

そういう事が大袈裟でなく、これからの地球の発展に大きく貢献します。

 

1人1人の想念の集積である集合無意識は、あらゆる事象に多分に影響を及ぼします。

 

政治のリーダーも、みんなの集合意識の総意であり、その代表です。

 

私は関係ない。あの政治家はダメだ。

そう責めていても、実はそのリーダーを作っているのはみんなの心です。

 

1人1人に責任があります。

 

今の地球の私たちがすべき事は、

見えるもの、見えにくいもの、

あらゆる物と真摯に向き合い、経験し、学び、自立していく事です。

 

私たちの未来、宇宙に進出する可能性、そうしたパラレルが現時点で存在するからこそ、

エルたち(ヒューマノイド宇宙人)が、この地球に来ることができています。

 

それはこの上なく希望的なことです。

 

読んで頂きありがとうございます!

高橋勇輝

この記事を書いた人

高橋勇輝

自動書記アーティスト、サイキックカウンセラー、プロのチェロ奏者として活動しております。超能力や精神世界との新しい向き合い方を探求し、それらを現実に活かせる芸術的エッセンスとして表現することで、今を生きる人々が互いに個性を楽しみ合えるような「彩」の世界を創りたいです。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

あなたの守護霊やオーラの彩を拝見し自動書記で描きます。

商品一覧はこちら 商品一覧はこちら arrow_right
PAGE TOP