宇宙を旅する音楽家 高橋勇輝

守護霊を知覚した経験

LINEで送る
Pocket

守護霊を知覚する

 

私が初めて自分の守護霊を知覚したのは、23歳の夏でした。

 

私の先生であるタカテルさんの元で学ぶ、プロフェショナルカウンセラーコース。

 

緊張の初回レクチャーです。

 

先生の誘導の元、心身を緩めていきます。

 

説明通りのプロセスを踏み、

いざ、自分の守護霊を呼びます。

無数にいる守護霊の中から、そのタイミングで会うべくして会う守護霊が来てくれます。

 

(守護霊とは先祖の事です。当然、過去に遡るほど、先祖は物凄い人数がいるので、守護霊はたくさんいます。→守護霊団ですね。)

 

 

 

 

さぁ、どんな守護霊が来てくれるでしょうか?

 

まず足が見えました。

 

木製のサンダルのような、底の高い靴です。

 

次に服装です。

 

ギリシャ神話に出てくるような白い衣を着ていますが、ドレスのように銀色のキラキラがたくさん着いています。

 

お顔を拝見すると、

 

茶色の目と長髪を結んだ、30代くらいの女性です。ヨーロッパ人です。

 

キリッとした、少し厳しそうな顔つきでした。

 

最初に思ったのは、

 

厳しそうだけど、綺麗な人だなぁ。

 

です←

 

そして、背中からは天使のような、美しい翼が生えていました。

 

翼は自由を表すシンボルです。

 

翼を持った姿で登場するという事は、

彼女がそれだけ霊的に自由な存在であること。

(自由とはどういう事か?というテーマについては、また別の機会に掘り下げようと思います。)

 

 

無事に守護霊を知覚する事ができました!

 

サイキックセンスや霊感とは、どうも現実逃避の夢物語や単なる妄想なんかではなく、正しく学ぶ事で、私のような素人にも磨き深められる物であるようです。

 

しかしこれは実際に自分で体験しないと、

なかなか信じられないことだと思います。

 

その為にはまずは偏見なく、勇気と好奇心を持って真摯に門を叩く必要があるんですね。

 

この分野に限らず何事もそうかもしれません。

 

 

さて、守護霊がどんな姿をしているか?どんな服装をしているか?何かを持っているか?

 

見えるものは、全て意味があり、シンボルであり、守護霊からのメッセージです。

 

先ほども書いたように、

例えば、翼は自由のシンボルです。

また、服装の銀色やキラキラは、言葉やコミュニケーションに関わるシンボルです。

 

その意味を詳しく解説すると長くなってしまいますので、簡略して言ってしまうと、

人間関係におけるコミュニケーションの積極性と、それに関連する自由というものに関し、私に伝えたいアドバイスがあったようです。

 

シンボルを理解する事で、

守護霊からのメッセージを、正しく深く解釈する事ができるようになりますが、

それを本格的に学ぶのは、まだ先の話でした。

 

 

こうして自分の守護霊とコンタクトするようになり、私の世界は変わりました。

 

それからは毎日のように守護霊に会い、

常に守護霊が側にいてくれている。

 

それがわかるだけで、全てに安心しました。

 

そして何より毎日がもっと楽しくなりました。

 

ちなみに、1,600〜1,500年くらい前の先祖らしいです。先祖もそこまで遡ると、海外の人の血が入っていたようですね。

 

私が初めて見た守護霊は彼女でしたが、

 

今では他にも多くの守護霊(先祖たち)を知覚しています。

 

先祖祭り、といった感じです笑

 

 

自動書記で私の守護霊(先祖たち)と、鎮守神たち(先祖が信仰し繋がりを確立した神さま)、さらにハイヤーセルフや転生の情報をありったけ描いたものです。ちなみに神様は天照大神、ブラックマリア、三面大黒天、木花開耶媛が描かれました。

初めて知覚した彼女はこちらの翼のある方です。

 

 

たくさんの先祖たちが、24時間体制でサポートし、守り導いてくれています。

 

これは本当に有難い事です。

 

小さな事でも、大きな夢でも、

どんな事であっても、

ポジティブな気持ちでやりたい事を持てば、

彼らは全力で応援してくれます。

その為に必要な出会いや経験を運び、本当に深い愛情で見守ってくれます。

 

現実をポジティブに捉え、

マイナスをプラスに、プラスを更なるプラスに変えていく為の、実践的かつ具体的なアドバイスをくれます。

 

迷った時、どうしたら良いかわからない時、

こちらの質問にも答えてくれます。

 

何より、

子孫として今を生きる私が、

先祖たちが何代も何代も繋いできた奇跡、命のバトンを握っている今の私が、

楽しい、嬉しいと感じたり、幸せである事を、心から望み、一緒に喜んでくれるのです。

 

そしてこれは、私だけの話ではありません。

 

 

どんな人にも、必ず、大量の先祖がいます。

 

守護霊として守り導きながら、子孫の幸せを何より望んでいます。

 

それが彼らの、霊界における唯一の仕事です。

 

そんな先祖たちの為にも、

もちろん自分自身の為にも、

希望や思いやりなど、

人として大切な当たり前を、大切にする。

 

その大切をじっくり味わってみる事が、今一度必要な事なのだと思いました。

 

たったそれだけで、ちょっと幸せを感じます。

 

人や自分を責めたくなってしまう思いも、気づけばどこかに溶けて無くなります。

 

毎日、どんな小さな事でも良いから、

楽しい事や嬉しい事、あたたかい何かを見つけたいものですね。

 

そんな時はきっと、

先祖たち守護霊たちも一緒に喜び、

優しく微笑んでくれています。

 

読んで頂きありがとうございます!

高橋勇輝

この記事を書いた人

高橋勇輝

自動書記アーティスト、サイキックカウンセラー、プロのチェロ奏者として活動しております。超能力や精神世界との新しい向き合い方を探求し、それらを現実に活かせる芸術的エッセンスとして表現することで、今を生きる人々が互いに個性を楽しみ合えるような「彩」の世界を創りたいです。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

あなたの守護霊やオーラの彩を拝見し自動書記で描きます。

商品一覧はこちら 商品一覧はこちら arrow_right
PAGE TOP