宇宙を旅する音楽家 高橋勇輝

霊的世界に入る時、必ず現れるもの

LINEで送る
Pocket

霊的世界に入る時、必ず現れるもの

 

私たち霊的世界を探求する者が、

その道の入り口に必ず見るとされるシンボルがあります。

 

「3人の迎え人」です。

 

私も初めて守護霊を見るようになってから、約1ヶ月後に見ました。

 

当時はそんな知識は無かったので、何がなんだかわかりませんでしたが。。

 

いつものように私の守護霊に会いに行くと、

(彼女はドレス姿で現れる事が多いので、私は勝手にお姫様と呼んでいました)

 

彼女は黙って目を閉じ、空へ向かって祈っています。いつもと様子が違います。

 

空気を読み、私も真似して空に祈るポーズをとりました。

 

すると山の上に、大きな女神のような女性の姿が3人現れ、しばらくすると消えました。

 

ただそれだけなのですが、空間に澄み渡るような神聖さを感じました。

なんだか大変なものを見てしまった…と。

 

 
 

菊の節句のエネルギー

 

そしてその日は五節句の1つ、

9月9日、菊の節句でした。

 

五節句という節目は、霊的にみても大変重要な節目で、能力者には必ずと言える程、啓示が降ろされるそうです。

 

ちなみに菊の節句は、1年で最も菊籬媛(キクリヒメ,ククリヒメ)との距離が近く日です。

 

菊籬姫は地球母神、つまり地球の意識で、西のブラックマリアやエジプトのイシス神の別側面でもあります。(菊籬媛に関しては、また別の記事で掘り下げようと思います)

 

ともかくその時の私は、いざ霊的世界へ参入しよう!という段階だったので、「3人の迎え人」のシンボルを見たのでしょう。

 

霊界への心の旅が始まりました。

 

「3人の迎え人」のシンボルは、日本や世界の伝承、伝説にも登場します。

 

キリスト教においては、イエス誕生の際にやってきたと言われる「東方の三博士」の話があります。象徴的ですね。

 

(イスラエルへ行った時の自動書記、左下に3人の迎え人が描かれています↓)

 

 

そして日本には桃の節句、雛祭りがあります。

 

やはり「三人官女」が出てきますね。

 

非常に象徴的で、そこには私たちが現実を生きる上で大変重要な意味、メッセージがありました。

 

次の記事に続きます。

 

読んで頂きありがとうございます!

高橋勇輝

 

この記事を書いた人

高橋勇輝

自動書記アーティスト、サイキックカウンセラー、プロのチェロ奏者として活動しております。超能力や精神世界との新しい向き合い方を探求し、それらを現実に活かせる芸術的エッセンスとして表現することで、今を生きる人々が互いに個性を楽しみ合えるような「彩」の世界を創りたいです。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

前の記事へ

次の記事へ

あなたの守護霊やオーラの彩を拝見し自動書記で描きます。

商品一覧はこちら 商品一覧はこちら arrow_right
PAGE TOP