宇宙を旅する音楽家 高橋勇輝

食のエネルギーと命

LINEで送る
Pocket

食のエネルギーと命

 

私はある時期、野菜のみを食べていた事があります。1年半ほどお肉の味覚を断ちました。

 

味覚を断つ事で、味覚を深める事ができます。

 

例えば1週間お肉をやめてみた後、久しぶりに食べた時、今までは意識していなかった味、食感、香り、その奥行に気付くと思います。とても面白いですよ。

 

私の場合は1年間という長期間、お肉の味覚を断ったわけですが、結果わかった事があります。

 

それは、植物も動物と同じく生き物で、意識や感情がしっかりあるという事です。

 

植物の思いを感じ、その声を聴く。

 

そういう感覚がついてきたのです。

 

自然と共生していた昔は、おそらくこれは普通の感覚だったと思います。

 

調理や食事の度に、食べるという行為について相当に考えさせられました。

 

植物は食べられるとわかると覚悟をします。

 

「大事に食べてね」と清々しいです。

 

そのエネルギーを受け渡してくれます。

 

人として生きるとは?

肉体を持って生きるとは?

 

生き物を頂き、成り立つ行為

それが命を繋ぐということです。

それが自然と共にあるということです。

 

 

 

単に、

薄っぺらく食に感謝しなさい!とか、

命を頂く罪の意識に苛まれろ!とか、

 

当然そういう事ではありません。

 

人として生きる、食べる、命を頂く。

 

その事にただ向き合い続け、

受け入れる事で、

食に対する傲慢は自然と無くなります。

 

素直にを受け入れられます。

 

それはやはり自然との共存です。

 

動物も植物も生きているという点で変わりません。

 

それらの命を頂いて初めて生きられるのが人間です。ここはそういう理の世界です。

 

確かに植物よりもお肉の方が、その受け渡しのエネルギーは重たい感じはあります。飼育環境にもよっても変わります。

 

しかしやっぱり、動物も植物も変わらず生き物で、意識があります。

 

目があるか否かの違いだけかもしれません。

 

大切なのは、原理主義的になり過ぎず、人間としてのあり方と、それに伴う食を素直に受け入れる事だと思います。

 

そうすれば自然な感謝も出てきますし、

必要以上に貪る事も無いでしょう。

 

私の場合は、よく噛み味わうようになったので、結果的に消化が楽になり、胃腸の調子が目に見えて改善しました。

 

食は生きる為に欠かせない要素ですので、一度はよく考えるべきテーマだと私は思います。

 

私たちが何気なく使う「いただきます」という言葉の意味は、

天地の恵みを頂きます。

です。

 

この意味の言葉は海外にはありません。

 

(一見似たような言葉のある言語もありますが、本質的に込められた意味は全然違います)

 

昔の魔女や巫女などとと呼ばれた人たち(今で言う霊能者)は、植物とも会話する事ができたそうです。そうして植物の薬効を知り、薬としても用いていました。

 

また、縄文時代においては全ての人が、霊的な感覚を自然の中で当たり前に用いていました。

 

自然と対話し、その上であらゆる動植物、あらゆる自然の摂理と共存していたのですね。

 

科学が発展する以前は、そうした自然との対話が命に関わる程に重要だったのでしょう。

 

食料の調達ももそうですが、天候のご機嫌、天災もあります。

 

日本人の霊性、真心ある繊細な感性は、特筆すべきものです。

 

事あるごとに、私は日本人である事を心の底から誇りに思うのです。

 

読んで頂きありがとうございます!

高橋勇輝

 

ps.

海外にいると尚更、日本の普通の白米や味噌汁を食べられるだけで、誇張なく幸せな気持ちになります。

 

料理する時も、美味しく頂けますように。と、良い感情で料理してあげると、楽しく美味しくなります。

 

↓縄文エネルギーの自動書記、自然との共存や、根源的な生命力の発露のようなエネルギーです。

 

この記事を書いた人

高橋勇輝

自動書記アーティスト、サイキックカウンセラー、プロのチェロ奏者として活動しております。超能力や精神世界との新しい向き合い方を探求し、それらを現実に活かせる芸術的エッセンスとして表現することで、今を生きる人々が互いに個性を楽しみ合えるような「彩」の世界を創りたいです。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

次の記事へ

あなたの守護霊やオーラの彩を拝見し自動書記で描きます。

商品一覧はこちら 商品一覧はこちら arrow_right
PAGE TOP