宇宙を旅する音楽家 高橋優輝

感染対策と経済政策は○と○の象徴

LINEで送る
Pocket

感染対策と経済政策のシンボル解読

 

 

 

感染対策と経済政策のシンクロニシティ

 

ホームページブログに来てくださり、本当にありがとうございます。

毎週金曜18時に投稿していきます。

 

皆さんの人生を現実的に幸せにする「精神世界・サイキック・道徳」というコンセプトで、YouTubeで僕(高橋優輝)が直接喋っています。ヒーリングパワーも込めて話していますので、良ければゆったりとご視聴ください☺️

 

 

 

 

 

 

以下、動画の内容を文字におこしました。お時間のない方は記事でお読みくださいね。

 

 

 

 

コロナと経済の板挟み

 

コロナ感染対策経済対策の間で、行ったり来たり行ったり来たり、、、

 

 

政府の対応もそうですが、個人レベルにおいても外出自粛GoToの間で揺れて、

 

 

 

「結局どうしたらいいの?」

 

 

 

という「どっちつかず」な状態で迷走し、そこにさらにオリンピックやあらゆる利権が入り組み、社会レベルにおいても個人レベルにおいてもグチャグチャになっていますね。

 

 

コロナという現象の意味は人それぞれによって異なるので、

 

 

 

「今、自分は何をするべきか?何を考えるべきなのか?」

 

 

 

個人個人が現実的に対応することはまず当たり前ですが、

 

 

その上で、スピリチュアルな世界からのメッセージというのも、今を乗り越える上で大切な精神的支柱や行動指標になりますので、

 

 

今回は「感染対策」と「経済政策」2つのシンボルを解説し、さらに易を用いて今の日本の状態を分析していきます!

 

 

解読のポイントは、この2つは相反するシンボルである、ということです。

 

 

 

感染対策と聞いて1番に浮かんでくるのは、やはり「外出自粛」ですよね。緊急事態宣言が出た通り「できるだけ家に篭りましょう」ということですが、

 

 

 

このように「家の中・内側に籠る」というのは、自然界の要素で例えるならば、「水」に象徴されます。

 

 

 

雨が地中に深く染み込むように、水には「深く染み込む」という意味や、水のイメージ通り「冷静」という意味もあるのですが、

 

 

この時期は、家に篭って何かを深く勉強してみたり、そうして自分のスキルを深めたり、状況を観察しながら冷静に過ごしたり、自分の人生にとってのコロナからのメッセージを冷静に考えてみたり、

 

 

良い意味で水のエネルギーに親しんでいくことが「外出自粛」ということになるわけですね。

 

 

 

次に経済政策ですが、家に篭っていた人々を外に出すことによって経済を回そうとするのがGoToでしたね。

 

 

そこにフォーカスすれば、つまり経済を回すことは、「外に出る」というシンボルであると解釈できるわけです。

 

 

 

先程の「家つまり内側に籠る」という水のエネルギーとはの話で、外側というのは火のシンボルです。

 

 

 

火の温度は内側よりも表面温度の方が高いことから、火は外側を表します。

 

 

 

僕たちは「内側」と「外側」、水と火のエネルギーの間で揺れている状態です。

 

 

 

またそれだけでない、水と火の人間の心の影響も大いに受けていることに気をつける必要があります。

 

 

冷静と感情、これも水と火を表しますが、やけに静になって評論家っぽく批判を続ける人も、感情にまかせてイライラや焦りに呑まれている人も、どちらも増えています。

 

 

 

水と火のような対極のエネルギーは、どちらかが弱まればどちらかは強まるという性質があるので、

 

 

 

冷静過ぎて人も社会も穿って見過ぎる人は、日常生活においても暗い気持ちになりやすいので、自分を楽しませて感情を良い意味で盛り上げる努力が必要だと思いますし、

 

 

感情がコントロールできずに焦ったり常に動き回っていないとダメなタイプの人は、ちょっとしたことでイライラしやすい傾向もあり、またそのイライラをとりあえず政府に向けておこう、となる人間心理もあるので、状況を冷静に分析して、心静かに待つという努力が必要です。

 

 

そうやって、自分の中にある火と水のエネルギーをバランスさせることが、個人個人それぞれが今をより良く生きる、

 

 

 

心の豊かさをキープする鍵となります。

 

 

 

バランスと言えば「スピリチュアルと現実」という2つの要素も同じですので、

 

 

今日お話したスピリチュアルの知識を用いて自分の心を整えたり豊かにする。

 

 

と同時に、今の自分と社会の状況に合わせて現実的な行動をしていく。現実を良くする為の現実的方法を考えていく。

 

 

バランスを取る努力をして、愛情を忘れずにいれば、

 

 

みんなで乗り越えていけると、信じております。

 

 

 

秋山眞人先生の「シンクロニシティ(河出書房新社)」という本には、シンボルの法則性の基本が解説されていますので、気になる方は読んでみたら勉強になると思います。また、僕が学んだタカテルさんカウンセラー養成コースでも、シンボルの読み解きを学ぶことができます。(下の方にリンクを貼っておきます)

 

 

 

今日もご覧いただきありがとうございました!

皆さんの人生をがより幸せになることを祈っています!!!

明日もゆるやかに生きていきましょう☺️

高橋優輝

 

 

 

この記事が誰かのお役に立てる内容であると感じてくださったら、シェアなどお願い致します。今後もさらに良い記事を書けるよう頑張ります。今後も内容重視の投稿で、週1(金曜18時頃)での投稿です!

 

 

 

タカテルさん「カウンセラー養成コース」

僕がサイキックの基礎を学ばせて頂いた師匠の講座です。

真剣にサイキックを学びたい方に合っていると思います!

https://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12385401913.html

 

 

秋山眞人氏「シンクロニシティ(河出書房新社)」

僕が動画でお話している易のことも詳しく書かれています。

大変勉強になるシンクロニシティとシンボル学の叡智です!

https://amzn.to/3rivGCq

 

 

 

☆高橋優輝の個人セッション

 

https://yukiartist.com/onlinetalk/

 

守護霊,前世,天命,オーラ,ハイヤーセルフ,能力開発,縁ある天使,神,宇宙人…何でも質問OK

仕事,進学就職転職,恋愛結婚,人間関係,金銭トラブル…どんな相談にもお答えします!

「世界一実力のある、真摯なリーディング」をモットーに、誇り持ってお伝えします。

自由に楽しくゆる〜くお話していきますので、気軽に連絡ください!!!

 

☆自動書記セッションでは、ご希望の縁ある存在(守護霊や天使など)を描きます♪

 

 

☆自動書記ヒーリングアート販売(オンラインショップ)

 

https://yukiartist.com/healing-art/

 

自動書記とは、見えない世界の情報を神がかった手が描き出す、伝統サイキックです。

守護霊,オーラ,ハイヤーセルフ,縁ある天使,宇宙人,神,天然石の精霊…何でも描きます!

作品をフランスのレオナルドダヴィンチパークに展示して頂くなど、ご評価頂いています。

僕の一番得意な能力系統であり、霊視では見えない深い情報を描けるのが自動書記の強み。

 

☆自動書記の癒しとは、運命の癒し。力あるヒーリングアートをお届けします♪

 

 

☆札幌でチェロ教えます!演奏依頼も♪

 

https://yukiartist.com/cellolesson/

 

2019年末まで、ヨーロッパのプロオーケストラで正団員として弾いていました。

厳しさいっぱいの日本の音楽界と、向こうの自由な音楽の楽しみは全然違います。

音楽は全くわからない!楽譜も読めない!子供も大人も、初心者さん大歓迎!

クラシック、ポップス、ジブリやディズニー、好きな曲を弾けるようにします。

また、安価な楽器レンタルや、ゆくゆくは購入なども、僕が一緒に考えます。

 

少しでも興味ある方へ、音楽は人生をものすごーーーく豊かにしてくれます。

自分だけでなく、他人にとっての癒しや励ましのツールにもなります。

遅くから始めたって大丈夫です。試してみてから止めることもできます。

まずは一歩、お気を使わずに一言のメールでも良いです。ご連絡ください!

 

☆音楽は誰もが気軽に楽しむもの。厳しいものではありません。優しく教えます♪

 

 

☆自己紹介

サイキックな画家で音楽家の高橋優輝です。2017年から2020頭まで、ブルガリアのスタラザゴラ国立歌劇場オーケストラでチェロを弾いていました!今は日本に帰国し、オンラインカウンセラーとして、絵描きとして、チェロ奏者として、けっこう面白く生きています。「創造と癒しをひとつにする」この宇宙でただ一人自分にしかできない創造を探究して、縁ある人々をたくさん幸せにすることが夢です✨

 

サイキックな心理カウンセラー

自動書記ヒーリングアート画家

元ヨーロッパのプロオケチェロ奏者

高橋優輝

この記事を書いた人

高橋 優輝

自動書記アーティスト、サイキックカウンセラー、プロのチェロ奏者として活動しております。超能力や精神世界との新しい向き合い方を探求し、それらを現実に活かせる芸術的エッセンスとして表現することで、今を生きる人々が互いに個性を楽しみ合えるような「彩」の世界を創りたいです。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

PAGE TOP