宇宙を旅する音楽家 高橋優輝

熱海土石流 ニュースから読むメッセージ シンボル意味

LINEで送る
Pocket

熱海土石流 そのシンボルとメッセージ

 
 
 
 
 
こんにちは、高橋優輝です。
 
熱海、土石流によってお亡くなりになった方が数名、行方不明の方も20名以上という、本当に痛ましいことが起きてしまいました。
 
心から冥福をお祈りしています。
 
僕は、この地球で起きる出来事には意味があって、メッセージ、啓示があると思っています。土石流という象徴が意味するところを解説します。

 

 

 

今日の動画トーク

https://youtu.be/hloXEI0Kka8

 

 

 

 

以下、簡潔な文字起こしです☺️

 

 

 

土石流のシンボル意味とメッセージ

 
 
こんにちは、高橋優輝です。
 
熱海、土石流によってお亡くなりになった方が数名、行方不明の方も20名以上という、本当に痛ましいことが起きてしまいました。
 
心から冥福をお祈りしています。
 
 
僕は、この地球で起きる出来事には意味があって、メッセージ、啓示があると思っています。
 
さらには一つの出来事から受け取るメッセージは人それぞれ解釈が違うと思いますが、僕はいつも象徴(シンボル)から、自分に対するメッセージを自分なりに解釈して、生きていく上での戒めとしています。
 
このような出来事に対して僕個人が苦しんでいる誰かのためにできることって直接はなくて、だから自分の生き方を改めて見直して、縁ある人を大切にするくらいしかできないんだなと、思います。
 
 
さて、母なる大地という言葉がある通り、「土」は古来から「母性」の象徴です。
 
母性とは奥行きある言葉だと思いますが、簡単に言ってしまえば、受け入れる働き、優しさ、育む力のことです。
 
好き嫌いとか関係なく、色々なものをいったん受け止める力ですね。全ての人が心に秘めている要素です。
 
 
母性が弱っている人は、受け入れが苦手です。自分を受け入れないと自己肯定感が低くなりますし、自分と他人との違いを受けとめられないと他人な世の中の嫌いなものをひたすら責めるようになります。
 
母性が変に強すぎる人は、優しく見える一方で受け入れをやり過ぎてしまいます。自分に甘くなり過ぎたり、他人の言うことは嫌でも何でも断れなくなってストレスが溜まったりします。
 
 
皆さんはふりかえってみて、ご自身の母性のバランスってどうなっているでしょうか。
 
 
何か出来事が起きたとき、それぞれの母性の度合いによって、出来事から受ける影響が全然違うと思います。
 
例えば何か嫌なことがあったときに、それを仕方ないやとすんなり受け入れる人と、激しく抗い続ける人と、出来事の受け取り方って人によって無限のグラデーションがあります。
 
こういうことを時々考えてみるというのも、自分と縁ある周りの人が仲良く生きていく上でも、厳しさもある地球環境で上手に生きる上でも、大切なことなんじゃないかな、と思います。
 
 
今回のようなニュースを見ると、巻き込まれてしまった方々の気持ちを考えると、本当に心が痛いです。
 
そして同時に、普段のちょっとした優しさ、人に対しても、自分に対しても、世の中に対しても、少しずつでも優しさを向けていこう、発信しよう、という気持ちも改められます。
 
自分と他人、他人と他人の意見の違いから責め立て合うのではなく、価値観の違いをおおらかに受け止められる優しさが広まったらいいなと思います。
 

 

 

 

☆オンライン個人セッション

 

https://yukiartist.com/onlinetalk/

 

守護霊,前世,天命,オーラ,ハイヤーセルフ,能力開発,天使,龍,宇宙人…何でも質問OK

仕事,進学就職転職,恋愛結婚,人間関係,金銭トラブル…どんな相談にもお答えします。

自由に楽しくゆる〜くお話していきますので、気軽に連絡ください!!

 

☆見えない世界をアートとして描いてもいます

 

 

☆自己紹介

サイキックな画家で音楽家の高橋優輝です。2017年から2020頭まで、ブルガリアのスタラザゴラ国立歌劇場オーケストラでチェロを弾いていました。今は日本に帰国し、オンラインカウンセラーとして、絵描きとして、チェロ奏者として、けっこう面白く生きています。この宇宙でただ一人自分にしかできない創造を探究し、縁ある人々をちょっぴり幸せにすることが生きがいの一つです✨

 

カウンセラー

アート画家

チェロ奏者

高橋優輝

この記事を書いた人

高橋 優輝

自動書記アーティスト、サイキックカウンセラー、札幌のプロチェロ奏者として活動しております。超能力や霊感、精神世界との新しい向き合い方を探求し、それらを現実に活かせる芸術的エッセンスとして表現することで、今を生きる人々が互いに個性を楽しみ合えるような「彩」の世界を創ります。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

PAGE TOP