宇宙を旅する音楽家 高橋勇輝

過去世 戦時中の夢

LINEで送る
Pocket

過去世 戦時中の夢

 

今回は、ある友人(女性)の過去世を紹介します。

 

⚪︎1,900年代

⚪︎戦時中のドイツ

 

その友人の過去世は、

 

物語を書く、とても優しげなおじいさんです。

 

妻、息子のお嫁さん、そして孫の男の子、家族で暮らしています。

仕事机に向かい小説,物語を書いており、頭の中にはたくさんのイメージがあります。

 

海の大怪物と人魚

空飛ぶドラゴン

魔法使いの少年

顔のついた太陽

人形兵隊の小さな戦争

おばあちゃんの焼きたてパイ

 

アイデアを次々と浮かべます。

 

ファンタジーが多いですね。

彼は子供の頃から空想が大好きで、

計り知れない世界の広さに胸を踊らせる少年でした。

 

そんなおじいさんのことを慕う、孫の男の子がいます。

落書きのような絵を持っておじいさんに見せています。そして彼は「上手だね」と優しく褒めて頭を撫でてあげています。

 

空想好きな少年は、今では穏やかな雰囲気のおじいさんになっているようです。

 

それは日常の幸せを切り取ったような、優しい光景でした。

 

しかし穏やかなおじいさんにも、悲しい過去がありました。

 

彼の作業机には、1枚の若い男性の写真が置いてあります。

 

それは戦争に行ったまま、もう二度と戻る事のない、彼の息子さんの写真です。(孫のお父さんです)

 

彼の出発を見送ったあの日、

最後に見たあの顔がいつも蘇ります。

 

無事に戻る事を祈っていましたが、彼が帰らぬ人となった事を伝える連絡が届きました。

 

深い深い悲しみの中、

おじいさんは残った家族をこれ以上を悲しく心配させない為、

 

動じず穏やかな姿を演じ続けました。

 

しかし内心は、いつも悲しみの衝動に揺れていました。

 

そんな彼の心を人知れず慰めたのは、

 

得意の空想の世界でした。

 

ファンタジーという夢の中では、

最後は必ずハッピーエンド。

全員が笑顔で終わります。

 

おじいさんの物語は全て、温かいハッピーエンドです。

 

人として絶やしてはいけない希望の灯を、

 

せめて物語の中に夢見て、描いていたのでした。

 

そうして生み出された物語たちは、

多くの人を楽しませ、勇気づけ、励ましました。

 

おじいさん自身にとってみれば、

それは悲しみの淵における淡い幻。

そんな儚い希望です。

希望と呼べるのかもわからないほどに。

 

現実と物語は異なります。

帰らぬ人は、やはり帰りません。

かしおじいさんが生んだ物語たちは、

少しずつ人々に広まり、

やがて多くの人々を照らしました。

それはやはり、紛れも無い希望です。

 

以上が今回の、友人の過去世です。

 

 

過去世から育む

 

私はこの過去世を、

心痛む想いで、追体験しました。

 

おじいさんの悲しみ、葛藤、優しさ、

たくさんの想いが入ってきます。

 

彼はその人生を通し、

 

生きる中で経験する心の痛み、

そして大切な人が側にいる幸せ、

 

それらを深く深く、知りました。

 

心を味わうことを、知りました。

 

そんなおじいさんだからこそ、

痛みを知っているからこそ、

創造できた物語であったのは、間違いありません。

 

おじいさんの想い、人生、命が詰まった、

尊い物語です。

 

それは、

おじいさんの見えない所で、

たくさんの人々を励ました、

おじいさんの命の物語なんだと、

感じました。

 

過去世も、今世も、未来世も、同時に存在するので、それぞれが影響を与えあっています。

 

彼女は今世では、旅に関わる天命を持っているようです。

 

そして先日学生を卒業し、大手航空会社のキャビンアテンダントに内定したそうです。

彼女はこれからたくさん旅をし、広い世界を見て知っていく事でしょう。

 

そんな今世の経験は、

過去世の空想好きなおじいさんの想いを、優しくヒーリングしていきます。

 

読んで頂きありがとうございます!

高橋勇輝

この記事を書いた人

高橋勇輝

自動書記アーティスト、サイキックカウンセラー、プロのチェロ奏者として活動しております。超能力や精神世界との新しい向き合い方を探求し、それらを現実に活かせる芸術的エッセンスとして表現することで、今を生きる人々が互いに個性を楽しみ合えるような「彩」の世界を創りたいです。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

あなたの守護霊やオーラの彩を拝見し自動書記で描きます。

商品一覧はこちら 商品一覧はこちら arrow_right
PAGE TOP