宇宙を旅する音楽家 泉優

論語「他人に理解されずとも、他人を理解しようとする」

LINEで送る
Pocket

論語「他人に理解されずとも、他人を理解しようとする」

 
 

中国古典(孔子の論語、易経、中庸など)から、現代日本における道徳のある生き方を研究しています。

 

今日は「心を磨くシリーズ」で、論語(孔子)の教えを1つ紹介します!

 

*論語とは、孔子の死後にその門人たちが、生前の孔子の言葉やエピソードをまとめた記録であり、格言集のようなものです。孔子は難しい哲学ではなく、当たり前の常識的な生き方について掘り下げた内容です。しかしながらその平凡とも言える孔子の言葉こそ、現代の日常を生きる人々にとって有益な人生の指南書、心を磨く指南書となるものです。

 

Youtubeで喋っています!



 

 

 

 

 

以下、文字バージョンです。

お時間のない方は記事にてご覧ください😌

 

 

 

論語「他人に理解されずとも、他人を理解しようとする」

 

こんにちは、いつもご覧頂いている皆様へ、心より感謝申し上げます😌

 

今日は「心を磨くシリーズ」で、論語(孔子)の教えを1つ紹介します!

 

 

「人の己を知らざるを憂えず、人を知らざるを憂うるなり」

 

↓訳

 

「他人が自分のことを知ってくれなくても憂えないで、むしろ自分が他人のことを知らないことを憂うるのです」

 

 

当たり前のことですが、とても良いことを言っていますよね。

 

世の中の人間関係トラブルの多くは、「相手のことを知らない」ことによる「すれ違い」から起こってきます。

 

これは僕がカウンセラーをやっていて悟ったことの一つです。

 

 

それでは「相手のことを知る」というのは、具体的にどういうことか?

 

相手の価値観

相手の意見

相手の好き嫌い

相手の得意不得意

相手の損得勘定

相手の現実的な事情

相手の体調

 

など、目に見えない考えや事情が、無数にあります。

 

人の心は複雑なので、相手のことを完全に知るということは、不可能なことです。

 

むしろ、自分で自分のことを完全に把握するのも不可能ですよね。

 

 

そうなると僕達にできることは、「相手のことはわからないけど、わからないなりに、知ろうと努力する」ことくらいです。

 

完全に知ることができなくとも、人の気持ちに寄り添おうとする努力をしておけば、それだけで人間関係は少し改善するかもしれません。

 

最低限、「相手のことを一方的に誤解し続けてる」ということは避けられると思います。

 

 

人間関係のトラブルは、「自分が相手のことを知ろうとしていない」わりに、「相手が自分のことをわかってくれない」という状態になっていることも多いです。

 

 

お互いが少しでも理解し合えるようになるためには、

 

「相手の話をよく聞いて知ろうとする」

 

「自分の意見が誤解なく伝わるように、伝えるべきことは丁寧に、素直に、うまい言葉にして伝える」

 

この2つをやることに尽きると思います☺️

 

 

今日もありがとうございました。

 

僕が話した内容が、何かしらの形で、皆様のお役に少しでも立てたら嬉しいです。

 

ご縁に心より感謝申し上げます

 

 

自己紹介

泉優です。2017年から2020頭まで、ブルガリアのスタラザゴラ国立歌劇場オーケストラでチェロを弾いていました。今は日本に帰国し、オンラインカウンセラーとして、絵描きとして、チェロ奏者として、面白く生きています。この宇宙でただ一人自分にしかできないことを探究し、縁ある人々を少し幸せにすることが生きがいです。

 

カウンセラー

アート画家

チェロ奏者

泉優(いずみゆう)

 

恩師へ、精神世界の大切な基盤を、丁寧に丁寧に学ばせて頂き、いま心より、感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

 

 

タカテル氏「カウンセラー養成コース」

https://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12385401913.html

 

その他、秋山眞人氏の偉大な書籍群、安岡正篤氏「易と人生哲学(竹井出版)」や、Tバトラーボードン氏「世界のスピリチュアル50の名著」にて紹介されている書籍に始まり、今古東西の書籍から、スピリチュアルや哲学、心理学の知識を学び、学び続けております。精進いたします。

 

この記事を書いた人

泉 優

カウンセラー、画家、チェロ奏者として活動しています。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

前の記事へ

関連記事RELATED ARTICLE

PAGE TOP