宇宙を旅する音楽家 高橋優輝

「武士の前世」が見える意味(過去世リーディング例)

LINEで送る
Pocket

「武士の前世」が見える意味(過去世リーディング例)

 
 
こんにちは、高橋優輝です☺️

 

今日は霊視で見える、特定の過去世のパターンと意味についてです。
 

 

 

 

 

以下、動画の内容を簡潔に文字におこしました。

お時間のない方は記事にてご覧ください😌

 

 

 

霊視で「武士の前世」が見える場合の意味とは

 
 
今日は霊視の見る過去世(前世)について、カウンセリングにおいて武士の過去世が出るときのよくあるパターンと意味を紹介します。
 
 
スピリチュアルのカウンセリングにおいて定番の人気テーマといえば前世・過去世です。宗教によっては輪廻転生は否定されていて「今を大切に全力で生きる」という教えがあるものもありますが、それでも実際に霊視できる人からすれば過去世はやっぱりあるように思えるものです。
 
 
輪廻転生を肯定するからと言って「今を生きる」という教えを否定する意図は全くありませんが、ここでは輪廻転生があるとした上でお話していきますので、考え方が違う方にはすみません。
 
 
僕の個人セッションでもやはり前世過去世にご興味ある方がたくさんいらっしゃって、この間なんかはたくさんの過去世を知りたい!という人に20くらいの過去世をひたすら見ては意味をお伝えする、というセッションになったりもしたのですが笑、
 
 
いつもは基本的に「今、クライアントさんにとって知る意味のある過去世、要するに今に活かせるメッセージ性のある過去世を1つを、その方の先祖の霊に選んでもらって、見せてもらう」という方法で数ある過去世を選別してカウンセリングに活用しています。
 
 
それで時々出てくるのが、戦国時代とか、戦争で大人数が武器を持って戦っている記憶なんですね。
 
 
武士として戦っている過去世がわざわざ出てくることにメッセージがあるわけですが、全てではありませんがよくあるのが「命の大切さ」を伝えているパターンです。
 
 
リアルな戦場で直接的な命の奪い合いを行った記憶というのは、輪廻転生を繰り返して様々なパターンの人生を経験している魂にとっては、やはり命というものの価値を深く捉え直す経験になっています。
 
 
戦いの過去世があるからと言って、罪のカルマがあるとか、今も職場で人間関係が悪いとか、そうした解釈は実は安直です。
 
 
戦いの過去世がもたらすのは、今世で出会っている人といかに歩み寄るか、考え方や立場が違う人をいかに理解しようとするか、そして他人だけでなく、自分という唯一無二の存在が今ここに生きているということが、それだけでとてつもない価値があるんだと、このようなメッセージであることが多いんですね。
 
 
もちろん武士の過去世の全てがこのような意味とは限りませんが、あくまで個人的な経験としてですが、自己肯定感の薄い人を見るとこのような戦いの過去世が出てきて、その方の場合はこのタイミングで過去世を知ることによって自己肯定感の問題が少しでも改善する、という意味があって過去世が見える場合が時々あります。
 
 
正直、戦場の過去世の風景はかなり血生臭いのですが、だからこそ命の儚さがリアルに迫ってくる感じがして、子供の時に道徳の授業で「蛍の墓」とか「はだしのゲン」とかを観たあとの気分を思い出したりして、なんかこう、「生きていこう!」みたいな気持ちになったりします。
 

 

 

 

☆個人セッション

 

https://yukiartist.com/onlinetalk/

 

守護霊,前世,天命,オーラ,ハイヤーセルフ,能力開発,縁ある天使,神,宇宙人…何でも

仕事,進学就職転職,恋愛結婚,人間関係,金銭トラブル…どんな相談にもお答えします!

「真摯なリーディング」を大切に、誇り持ってお伝えします。

自由に楽しくゆる〜くお話していきますので、気軽に連絡ください☺️

 

☆自動書記アートも描いています

 

 

☆自己紹介

サイキックな画家で音楽家の高橋優輝です。2017年から2020頭まで、ブルガリアのスタラザゴラ国立歌劇場オーケストラでチェロを弾いていました。今は日本に帰国し、オンラインカウンセラーとして、絵描きとして、チェロ奏者として、けっこう面白く生きています。この宇宙でただ一人自分にしかできない創造を探究し、縁ある人々をちょっぴり幸せにすることが生きがいの一つです✨

 

カウンセラー

画家

チェロ奏者

高橋優輝

 

 

 

タカテルさん「カウンセラー養成コース」

僕がサイキックの基礎を学ばせて頂いた師匠の講座です。

真剣にサイキックを学びたい方に合っていると思います。

https://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12385401913.html

 

秋山眞人氏「シンクロニシティ(河出書房新社)」

僕がいつもお話している易のことも書かれています。

勉強になるシンクロニシティとシンボル学の叡智です!

https://amzn.to/3rivGCq

この記事を書いた人

高橋 優輝

自動書記アーティスト、サイキックカウンセラー、札幌のプロチェロ奏者として活動しております。超能力や霊感、精神世界との新しい向き合い方を探求し、それらを現実に活かせる芸術的エッセンスとして表現することで、今を生きる人々が互いに個性を楽しみ合えるような「彩」の世界を創ります。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

PAGE TOP